【募集】5/18 アロマ基礎クラス(参加無料)

アロマ(エッセンシャルオイル)が初めての方のための無料クラスです。

獣医師吉永まりが講師を務めますが

対象はペットではなく、ヒト。

人間のためのお話です。


人間への使い方について

生活にアロマを取り入れるメリットについて

基本の基本をお話いたします。




アロマ基礎クラスでは

Sunnyでおススメしている
ドテラ社のエッセンシャルオイルについて

・自分自身の心と体のケアに
・家族でのスキンシップに
・外敵から身を守るために
・季節の変わり目の不調に
・お肌を整えるために
・こどもの心と体のケアに

などなど

我が家での実例、
毎日の使い方などを
具体的ですぐ使える方法を紹介いたします。


また、
なぜSunnyでドテラ社をおすすめしているのか
その理由についても
お話させていただきますね。



≪日時≫

2020年5月18日(月)13時~14時30分


≪場所≫

オンライン
※オンライン会議システムZoom を使用して開催いたします。
ご参加される方はあらかじめご準備をお願いいたします。
※ご参加者様には当日アクセスできるURLをお送りいたします。


≪内容≫

・アロマとは?エッセンシャルオイルとは?
・獣医師として母としてドテラを選んでいる理由
・基本の使い方
・揃えておきたい10種類のエッセンシャルオイルについて
・我が家での実例ご紹介
・質疑応答


≪対象≫

アロマ基礎クラスは
ドテラ社エッセンシャルオイルの
初心者のかた向けのクラスとして開催いたしますので、
以下のいずれかの方がご参加いただけるクラスとなっております。

・Sunnyメンバー
(別途グループLINEよりお申し込みください)
・ドテラ非会員の方

≫≫≫お申込みはこちら

「お問い合わせ内容」欄に
「5月18日アロマ基礎クラス希望」
とご記入ください。






===============
Sunnyメンバーとは・・・
アロマ獣医師・吉永まりの紹介(またはSunny会員の紹介)で
ドテラ会員となられている方

Sunnyメンバー特典
・ メンバー限定メールセミナー
・ 各種セミナーがSunnyメンバー価格で受講可能
・グループLINEでの情報提供やご質問など
・ペットアロマホームケア相談無料
===============



【募集】ペットアロマ座談会(参加無料)

参加費無料のイベントのお知らせです。

ペットアロマを取り入れてみたいけど

実際、どのように使うのか
イメージがなかなかつかめない、、、

本当に安全に効果的に使うことができるのか不安、、、

そのような方にぜひ聞いていただきたい
Zoom座談会です。



Sunnyで開催している各種セミナーでは
かかわらせていただいた「症例」については
じっくりお話ができますが

「症例」というほどでもない
「ちょっとしたトラブル」に対するケアは
多くの飼い主さんが
それぞれたくさん情報をお持ちで
これこそ「宝の山」だと感じています。

今回、
のすけ庵《犬の手作りごはんとマッサージ》主宰の
ペット栄養管理士・広瀬ミカさん主催で

この企画が実現いたしました。


ミカさん自身、
愛犬のお耳トラブルへの
アロマケアで大変よい結果を得られており

今回は、いち飼い主さんとしての立場で
体験談も語っていただけます。

そのほかにも
全国からペットアロマを上手に取り入れられて
たくさんの体験談をお持ちの
ペットアロマユーザーさんにお話を聞ける座談会となっております。


アロマ獣医師・吉永まりもアドバイザーとして参加します。

一方的にお話を聞くだけでなく
ご質問なども自由なお茶会スタイルです。

午後のティータイムに
ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。


【日時】
2020年5月12日(火) 14:00〜16:00

【場所】
オンライン
※オンライン会議システムZoom を使用して開催いたします。ご参加される方はあらかじめご準備をお願いいたします。
※ご参加者様には当日アクセスできるURLをお送りいたします。


≫≫≫お申込みはこちらから

「お問い合わせ内容」欄に
「5月12日ペットアロマ座談会希望」
とご記入ください。



以下、主催「のすけ庵」さんのFBページよりお借りしております。


==============
ペットにアロマ。キケン?!
そう思っている人にこそ聞いてほしい。

だって、アロマのおかげで救われた飼い主さんがたくさんいるから。

この座談会では、実際にペットにアロマを活用して
薬を手放すことができたり、トラブルの改善に繋がったり
そんな体験をした【ペットアロマの先輩】にお話しを直に聞ける座談会です。

なので、
ペット関係のプロがお仕事の中で活用しているのではなくて
一般の飼い主さんが生活の中で上手にアロマを活用して
ペットと自分のために賢く使っている、というお話しがほとんど。

それから、
ペットアロマの先輩たちは、
トラブルのときに活用するだけでなく
日々の生活の中にも上手に取り入れて
ペットにも人にも優しい生活環境を整えていたりもします。

これからアロマを始めたい人
すでに活用しているけどうまく使いこなせていない人
使いたいと思ってるけど躊躇している人

そんな人にぜひ参加していただきたい【ペットアロマ座談会】です。

北は北海道、南は九州と、
全国各地にいらっしゃる【ペットアロマユーザー】さんに集まっていただき
その方達が実際ペットに活用している体験談を直にお聞きできるチャンス!
しかも、参加費は無料!

獣医師も参加するので、ちょっと突っ込んだ話も聞けるかも?!

入退出、自由。
でも、はじめから一言一句聞き逃がしたくない方は
ぜひ14時に集合してください♪

オンラインでの座談会ですので、
お手元には、美味しい飲み物をご用意いただいて
どうぞお気軽にご参加いただければ嬉しいです。

=============


≫≫≫お申込みはこちらから

「お問い合わせ内容」欄に
「5月12日ペットアロマ座談会希望」
とご記入ください。

【募集】ペットアロマホームケアベーシック講座5月からスタートします

ペットのプロ向け講座として

ペットアロマホームケア
アドバイザー養成講座

が4月からスタートしましたが

5月からは
飼い主様向けのクラスとして
ペットアロマホームケアベーシック講座
が新たにスタートいたします。

≫≫≫詳細はこちら

ご自身のペット(犬&猫)のヘルスケアのために
エッセンシャルオイルを役立ててみたい方へ

獣医師がお伝えするクラスです。

当面、オンラインのみの開催となりますが
テキストと3種類のエッセンシャルオイルつきで
エッセンシャルオイルを体験していただきながら
受講いただくことができます。

ご自身のためにも
ペットのためにも

備えておくと必ず役立つエッセンシャルオイルの活用法や
レシピなどをお伝えしていきます。

開催日程など
こちらからご確認ください。

≫≫≫詳細はこちら

開講しました!【ペットアロマホームケア アドバイザー養成講座】

ご要望いただいて準備に取り掛かり数か月・・・

ようやくスタートできました!!


ペットアロマホームケア
アドバイザー養成講座
詳細はこちら≫≫≫



今日、初日のレッスンを
計4名がスタートされました。



これから

2時間×7回のみっちり講義

中身も、

私好みの(笑)濃い内容にしています。


断片的には

各種セミナーでお伝えしたこともある内容ですが

こうやって

体系的に

頭の中を整理しながらお伝えすることは

やっぱり嬉しくって。


本当に楽しみな養成講座です!!


第1回の講義の内容は

4名とも聞いたことのある内容だったはずなのですが

それでも

新たな発見がありました!

自分の知識を整理できました!

など

ご感想いただきました。


テキストもしっかり作っておりますが

本当に大切なことは

書いていない。

本当に大切なことは

その場その場でしゃべる!!

というスタイルは変わらず行っているので


つまり

前回聞いたつもりの内容でも

新しいことをペラペラ私がしゃべっておりますので

新鮮な中身かもしれません(笑)

アドバイザ―養成講座は

随時お申込み受け付けております。


7回分の受講の日程は

相談の上、決定させていただいています。



アロマやペットに関するお仕事をされている方におすすめの

\獣医師サポート付き/のクラスとなっています。

現在のところ最短で

5月11日からのご受講が可能です。

詳細はこちらをご確認ください≫≫

300人以上にご参加いただきました!

昨日はZoomセミナー開催しました。

ご参加いただけるのは
当院で推奨しているエッセンシャルオイルメーカーの
会員限定で、
無料でご参加いただけるセミナーでした。


ご招待のあった方のみ
ご参加いただけるという

限定性の高いセミナーだったのですが

ご参加人数
300人を超えていたそうです!!




限定セミナーなのに

リアルタイムに聞いてくださる方が
これだけいらっしゃったってこと

ペットと暮らすご家庭への
需要の高さ
注目の高さ

感じますね!



専門性の高いお話をということで
そこをどのように
分かりやすく
コンパクトにまとめてお伝えするか

悩んだのですが(笑)


結果、

とても分かりやすかった

もっと聞きたい

これまで聞いてきたペットへの使い方で
一番よく分かった

などなど

嬉しいコメントたくさんいただきました^^


私にとっても
良い勉強になる機会でした。

ご参加いただいた皆様
ありがとうございました!

【コロナの話】⑤世界の状況との比較について考える

世界に目を向けると
イタリアでは大きな混乱が起きていますね。

死者数が1日だけで133人出たとのこと。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200309/k10012320431000.html

感染者数も新たに1500人増えて7000人を超したそうです。


日本は
クルーズ船の感染者を除けば

昨日午前の時点で480人の感染。

前日比も数十人単位です。

と、この数字だけ見れば
日本での感染者は全然増えてなくて安心。

と思ってしまいそうですが。。。。

単純には比較してはいけない数字です。

まず

ニュースなどで言われているように

日本の検査数が圧倒的に少ない。


これが、悪いと言っているわけではありません。

PCR検査の限界があります。

PCRは、やればやっただけよいというものでもない。
また、
陽性が出たからと言って、即、クロ!
と決めつけられるものでもない。

検査結果と臨床症状、周りの状況など
十分考慮したうえで
検査結果を指標の一つとして
診断を下す。

というのが本来PCR検査の意義であると感じています。

数字だけに惑わされるな
「木を見て森を見ず」になるな
検査結果だけを見るな、患畜を診ろ

そういうものです。

検査たくさんしたら、沢山陽性がでた!

というのは当然の話で、

それを、
「感染者」として定義するかどうかが
国ごとに違っているという話も聞きます。


逆に、

検査してないから、陽性が出ない。

のも当たり前の話。


つまり、おなじ定規で測っていないので

数字だけ見て
日本はどうだとか、イタリアはどうだとか、
単純に比較することができないようです。


感染者についてはそうなのですが

気になるのは死者数。

日本では死者の数があまり増えていません。

これも
もしかしたら単純に喜べないかもしれないと感じます。

新型コロナと診断されていないだけで
実は「肺炎」の死者数は増えているのかもしれない??

と疑ってしまいます。

もし仮に、

そうでないとするならば

致死率を考えると
日本の医療体制が素晴らしいと言えるのかもしれません。

また、
検査数自体少ないことが悪いことではなく
適切な検査をしっかりキープすることで
必要な医療の質を保っているという考え方もできます。




どちらにしろ日本の検査数は確かに少ない。

先日から、現場の医師が必要と判断したら
検査できることになったとはいうものの、

実際には検査できる医療施設が限られているから
結局検査できない・・・

ということにもなっているようです。


まだ答えが出るのは
ずっとずっと先になるでしょうが

数字だけに惑わされてはけないよ。

ということです。





獣医師が教えるペットアロマセミナー
\いま!アロマでできること/
詳細はこちら≫≫≫

獣医師が教えるペットアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫
h

医学的視点の子育てアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫


【コロナの話】④どの時点が終息なのか?

シリーズコロナの話
①患者数と陽性者数
②ウイルスは殺菌できません
③有効な消毒・危険な消毒


毎日発表される感染者の数が
数十人単位となってきましたね。

現時点ではそれに比例して死者数が伸びていないことは
一つ安心できる情報です。

うちの子供たちの小学校休業は
当初2週間という話でスタートしましたが
昨日学校からお知らせがきまして
このまま春休み突入となりました。

そうなると、
新学期は本当にスタートできるのか
4月になれば本当に大丈夫なのか
それとも5月なのか

いつまで続くか先の見えない不安があります。

どういう状態になったら終息というのか。

これが分からないですね。

はっきりと示されていないから
いま日本で、世界で、
どこを目指して走っている状態なのかわからない。

だから、不安
だから、買い占め・・・

ゴールがないと
いつまで頑張れるか・・・

このゴールは、
人間側が、「ここ!」と決めるしかないわけですが

今日は、ウイルスの気持ちになってお話してみたいと思います。


ウイルスは、
生き物ではない。

というお話をコロナの話②でしました。

自分一人では生きられない、増えられない。
だから生きた細胞にお世話になりながら増えていくという戦略を持っています。

ウイルスごとに、下宿先としてお世話になる生きた細胞をちゃんと住み分けており

今回問題となっているコロナウイルスも、

人間に下宿するタイプのコロナ
犬に下宿するタイプのコロナ
牛に下宿するタイプのコロナ
コウモリに下宿するタイプのコロナ・・・

と、様々なコロナウイルスが
すでにウヨウヨ存在していたのです。

しかし、そのようにうまく下宿していたタイプのウイルスは

下宿先の大家さんを殺したりしません。

従来のコロナで言えば、ちょっと風邪症状を起こすくらい。

だって、お世話にならなきゃいけないのに
大家さんを殺しちゃったら下宿できなくなってしまいます。

そうなったらそのウイルスは繁栄できなくなります。

ところで
ウイルスは、ときどき、変身をすることがあります。(変異)

繁栄のために有利な変身に成功したら
その変身したタイプのウイルスたちは新たに繁栄を築くことができます。

今回、
コウモリの大家さんにお世話になっていたウイルスの一部が
ちょっと変身してみたところ
人間の大家さんに下宿させてもらえることになりました!
(現在のところ、コウモリからの変異説が濃厚と考えられています)

新しい下宿先が見つかったので、
もっともっと仲間を増やすことができます。

ところが、

困ったことが起こりました。

下宿先の大家さんが、次々と元気がなくなっていきます。
亡くなってしまうことまで・・・・



さて、そうなると、
このウイルスたちはとっても困る!!!わけです。

せっかく見つけた下宿先なのに
ウイルスたちは生きた細胞でしか増殖できないのに
生きた細胞が無くなっていく・・・

これは困った!!!
やっちまった!!!

と気づいたときに

またウイルスは変身するはずなのです。

これまでの大家さんに対するふるまいを悔い改め(?)

下宿先の大家さんにあまりご迷惑をかけないタイプのウイルスが登場してきて
上手く共存が始まる・・・

過去の殺人的な感染症を見ても
この歴史が繰り返されています。

今回の新型コロナウイルスも
この状態になったときが

おそらくそのように終息していくのではないでしょうか。

この状態がいつ訪れるのか
まだまだ先は見えません。

現時点ではこの新型コロナウイルスは
下宿先のお世話になるべき大家さんに
ひどい肺炎を起こしたり殺してしまうような
酷いふるまいをしてしまっています。

大家さんとうまくやっていく術を
まだ持っていないようです。

引き続き、
私たちは
この狂暴な子たちが

「下宿させてださーい」とやってきたときに

対抗できる免疫力をしっかり備えておくことが
今の時点では重要であると思います。


獣医師が教えるペットアロマセミナー
\いま!アロマでできること/
詳細はこちら≫≫≫

獣医師が教えるペットアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫
h

医学的視点の子育てアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫

【コロナの話】③有効な消毒・危険な消毒

ドラッグストア店頭から消毒薬が消えて久しいです。

アロマをおうちで使っている方は
ご自身で除菌スプレーなど手作りされることも多いかと思います。

私も無水エタノールを常備していたのですが
それも在庫限りで使えなくなりそうです・・・。

あ、

話が飛びますが

今日のタイトルは「消毒」という言葉を使いました。

昨日のお話で
「殺菌」「除菌」「抗ウイルス」「不活化」・・・

などといった言葉の使い方をお話しましたが

この「消毒」という言い方、
便利なことばですね。笑

毒=人体にとって有害となるもの 
を、消す。

それが
人工的な物質であったり
細菌であったり
ウイルスであったり
なんでも消毒といえます。

ただ「毒を消す」ならいいのですが

「毒でないものを消す」ことがあっては困るわけです。

さて、本題に戻り、
消毒薬のはなし。

今回の新型コロナウイルスは
エンベロープウイルスという仲間です。

エンベロープと呼ばれる膜につつまれているので
その膜を破壊してしまえば
そのウイルスをやっつけることができます。

インフルエンザも同じくエンベロープを持つので
同じ方法でやっつけることができます。

エンベロープウイルスをやっつけるには
アルコールが一番手軽で安全で確実。

ということで新型コロナ騒ぎでエタノール系消毒剤が続々売り切れなわけです。

ウイルスを不活化するためには60~90%のアルコールが有効であるとされています。

アルコール消毒は手指に使えるところが
ものすごくメリット!

しかし、アルコール消毒剤がなくなった今、
代替品として次亜塩素酸ナトリウムを使おう!
と言われています。

しかし、この次亜塩素酸ナトリウム、
アルコールと同じ感覚で使ってはならない消毒薬であることに要注意!!!です。

アルコールは手指消毒できますが
次亜塩素酸は人体には不向きな消毒薬です。

ではどこを消毒するものかというと、

物体表面にくっついたウイルスを除去するために使います。
床とか、ドアノブとか、感染者が触れた可能性のある部分。

ペットが居たり、赤ちゃんかいるご家庭で
ペットや赤ちゃんが触れてしまうところをこれで消毒しまくることは
別の問題が起きかねない消毒薬です。

厚生労働省のHPでも
家庭に感染者が出た場合の消毒方法として次亜塩素酸がすすめられていますが
「人体を消毒する」とは書いてありません!!
▼▼
新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)

そして厚労省でも「感染が疑われる人がいる場合の家庭内」としているように、

それ以外の家庭で、家の中を徹底的に消毒することにあまり意味はないと考えられます。

それでも過剰な心配や不安から、家の中を消毒しまくりたいという心理が生まれているようですし、
手指や体の消毒にも使ってしまわれる方がいるようです。

先に述べたように
消毒は、毒を消すことが目的であって
毒でないものを消してしまってはいけません。

人体(動物の体)の中には、
体にとって有益な細菌などのバクテリアがたくさん住んでおり
その子たちがいるからこそ体の免疫機能を保ってくれていることを忘れてはいけません。

有益なバクテリアをも消してしまう間違った消毒は
結果的に逆効果となりかねません。

新型コロナの感染は確実に広まってきています。

そこらへんに、そこら中に、新型コロナはいる!と思って行動しておくべき。


いま本当に大切なのは

新型コロナウイルスを絶対に1個も体内に入れないこと。
ではありません。


それはもう、不可能に近いです。

いま目ざすべきは

新型コロナをなるべく体内にいれないこと。

いちばん大切なのは人込みや換気の悪い場所を避けること。

そしてもし、万が一、
少しの量が入ってしまったとしても

体の中の免疫力で退治できるように備えること。

だと考えます。

免疫力を考えると、誤った消毒はキケンな行為になってしまいます。

繰り返しますが
消毒は確かに有効。
ただし、それで完璧ということはあり得ません。

なぜならウイルスはめちゃくちゃちっちゃいです。
全部完璧に取り除くことは不可能と認識して

適切な消毒で、なるべくウイルス量を減らす努力をしながら

免疫力を高めていく

これが必要だと感じています。

人体に安心して使える消毒薬がなくなった今、

私はエッセンシャルオイルを知っておいたことは本当にラッキーだったと思っていますし、
これからもより多くの方に知っておいてほしいです。

たとえば、

マスクをして、そのマスクに抗ウイルスバリアをエッセンシャルオイルでプラスする

なんていう使い方も、安心・安全に行うことができます。

これ、すごく良さそうだと感じませんか??

次亜塩素酸では絶対できない使い方です(;’∀’)


獣医師が教えるペットアロマセミナー
\いま!アロマでできること/
詳細はこちら≫≫≫

獣医師が教えるペットアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫
h

医学的視点の子育てアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫

【コロナの話】②ウイルスは殺菌できません

シリーズ【コロナの話】
①患者数と陽性者数≫≫

コロナウイルスに関する情報や
SNSなど見ていて
すごく気になってしまうことがあります。

たとえば

「新型コロナ対策に殺菌作用のあるスプレーを手作りしましょう」

みたいな文章。

これ、おかしいですよ!!!

めちゃくちゃ違和感感じます(;’∀’)
どこがおかしいか、分かりますか?

新型コロナは「ウイルス」です。

「殺菌」「除菌」というワードは
「菌」をやっつけるときに使います。

「菌」ってなにかというと
一般的には「細菌」と呼ばれる生き物を指します。

一方、いま問題になっているのは「ウイルス」

「ウイルス」と「細菌」

この二つ。
よく似たイメージを持ってしまいますが

ぜんっぜん違うものです。

どうちがうの?
という話は
無料メールセミナーやペットアロマセミナー(詳細は下記)でも
しっかりお伝えしていますのでよろしければどうぞ。

全然違うものだから
攻撃の仕方(お薬など)も違う。

「細菌」は生き物。ですので、
「殺菌」菌を殺すという言い方をします。

「生き物」というのは
細胞という構成単位を持ち、増殖できるもの。
とされています。

今、問題となっている「ウイルス」は
「細胞」を持っていません。
そして自分一人では増殖できず
動物や植物の細胞に入り込んで、そこで増殖していきます。

ウイルスが増殖するためには生きた細胞が必要なのです。

つまり
ウイルスは「生き物」として定義されていません。

生きてないから、死にませんし、殺せません(;’∀’)

なので

「殺菌」という言葉があっても
「殺ウイルス」という表現はあまり聞きません。
(便宜上表現されていることもあると思います。)

でも、ウイルスに効果のある消毒薬などは
ウイルスをやっつけているわけですが

「やっつける」ことを何というか。

「殺ウイルス」ではなく

ウイルスを不活化(不活性化)する

という言い方をします。

今回の新型コロナの場合は

界面活性剤
アルコール
次亜塩素酸
といった消毒薬で効果がみられるウイルスです。

消毒薬がドラックストアから消え去っていますが
家庭にもある石鹸も界面活性剤です。

まずはしっかり石鹸で手洗い。
古典的ですがとても大事ですね。

「ウイルスを殺す」と同義なのが「ウイルスの不活化」
ですが
アロマ(エッセンシャルオイル)の効果の中に

「抗ウイルス作用」

という言葉をよく聞きます。

これはいったい何なのか
厳密な意味についてはよくわからない言い方なのですが、つまり、

「ウイルスに対抗する可能性がある」という
幅の広い意味で使われていることが多いと感じます。

ウイルスの不活化までは確認できなくても
エッセンシャルオイルがウイルスの増殖を防いだ
という医学論文が様々報告されています。

また、ウイルスと体の中で戦う免疫細胞の働きをアップさせたという報告もあり、これも抗ウイルスと表現されるかもしれません。

そのメカニズムはまだまだ分からないことも多いのが現状ですが
少しずつ明らかにされている部分もあります。

エッセンシャルオイルは植物自身が作り出した生理活性物質なわけですが、
植物にとっての脅威のひとつに「ウイルス感染」があります。

農業の世界でも、ウイルス病を防ぐことが生産性を上げるために重要です。

植物自身が自分のために作り出している物質「エッセンシャルオイル」に
抗ウイルス作用があることは
ごくごく自然なことではないかと感じます。

まだよくわからない部分も多いエッセンシャルオイルの効果メカニズムですが
少しずつ研究が進んできており
今後が楽しみな分野です。

そのような根拠から
いま、抗ウイルス作用のエッセンシャルオイルが品切れ状態になってしまうことも納得なわけです。


獣医師が教えるペットアロマセミナー
\いま!アロマでできること/
詳細はこちら≫≫≫

獣医師が教えるペットアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫
h

医学的視点の子育てアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫

【コロナの話】①患者数と陽性者数

昨今、新型コロナウイルスの話題で持ちきりとなっていますね。
私の住む宮崎市でも子供たちは休校となっています。

突然の長期休暇。。。

予定していたセミナーの中止も続々決定し
オンラインセミナーのみ開催となっています。

そんな中、私にご質問くださる皆さんの関心事もすっかりコロナ一色。

私が使用しているエッセンシャルオイルメーカーの
抗ウイルス作用が期待されるオイルは続々売り切れ状態です。

マスクがない
消毒薬がない・・・

どうやって予防したらいいですか?
どんなアロマが効きますか?
ペットからも新型コロナの陽性反応・・・
ペットの予防はどうすればいいですか?

などなどなど・・・。

とにかく、皆さん、
分からないから不安。。。

不安が不安を呼び、
マスクだけでなく
ティッシュもおむつも、ペットシーツまで売り切れ続出(;’∀’)

いまだからこそ
ちゃんと伝えておきたい!!!

という想いで

この【コロナの話】シリーズ執筆にとりかかりました。

感染症に関して多少知識を持ち合わせている者として
獣医学生時代にPCR検査をやりまくっていた者として
アロマ獣医師として
アロマインストラクターとして
3児の母として

いまだから伝えておきたいこと

を思いつくままに
綴っていくシリーズです。

執筆時点での最新情報を念頭に置いた配信に努めますが
日々更新されていく新型コロナの新知見に
間に合っていない可能性もございます。

その点、十分ご承知おきください。

また、

アロマとは?エッセンシャルオイルとは?
アロマで抗ウイルスってどういうこと?
どんなことができるの?

といった基本的内容などお知りになりたい方は
別途ご用意しておりますメールセミナーをご活用ください。

獣医師が教えるペットアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫
h

医学的視点の子育てアロマ無料メールセミナー
お申込みはこちら≫≫≫



さて今日は、

明日から患者数が増えるのかも?
という話です。

明日から新型コロナの検査が保険適用になるとのこと。
つまり医師の判断で検査が可能になるようです。

じゃぁ、これまではどうだったのかというと
医師が「新型コロナが疑わしい」と思ったら
まず地域の保健所に相談。
そして
保健所が検査の必要性を判断してからの検査でした。

つまり、現場の医師が「検査してほしい」といっても
保健所が「必要ない」と判断すれば
検査が行われない。

先日、各都道府県での
新型コロナPCR検査数が公表されていましたが
(すべての数を把握できていないようでしたが)
どちらにしろ
検査数の多いところ、少ないところ様々でしたね。

検査が行われなければ
陽性患者は出ないわけです。

PCR検査陽性者の数=本当の患者の数

ではありません。

決して。

検査の必要性の判断が
都道府県で分かれているからこその
陽性患者数地域差もあると思います。

昨日~今日かけて、
山口初!
宮崎初!
滋賀初!

という報道が出ています。

本当に初だったのか?
とも思いますし
まだうちの県は出てないから
というのも安心材料にはなりません。

私は獣医なので家畜のほうに詳しいですが
例えば家畜の感染症であれば
発生地域からの家畜の移動を徹底的に制限します。

畜産関係者も出入りを制限されます。

そうしておいて感染地域の清浄化を徹底的におこない
もう安全!というところで制限解除されるわけです。

人間の場合、そのような制限のなく
道や線路や空路は
自由に行きかうことができる状況で

〇県は危ない
△県は安全

なんてことはあり得ませんし
そうおもって行動しておくべきだと思います。

海外から日本を見てみると
地域差なんて関係なく
日本=危ない
です。

つまり
現段階での各地域の状況に合わせて柔軟に対応を~
といった政府の要請は
いったいどのくらい意味があるのか
ちょっと疑問です。

そんな検査体制が
明日(3月6日)から変わって
医師が必要と判断すれば
(検査が可能な医療機関の場合)検査ができる!

いちど保健所を通すよりも
迅速に、そしてより多く
検査が行われていくことになると感じます。

そうなると

陽性患者数もぐうんと増えていくことになるかもしれません。

しかし
それは決して

突然感染の拡がりが加速した!
ということではなく

これまでの検査体制が変わったから。
ということであり

目に見える数字に惑わされてしまわないよう
冷静に行動したいものですね。

さて、ちょっとはアロマの話も。

私が愛用しているメーカーは
抗ウイルス作用が期待できるエッセンシャルオイルブレンドや関連製品を
たくさん商品化されていますが
そのほとんどが売り切れ状態(;’∀’)

効果がわかりやすいメーカー独自のブレンドオイルは
とても心強いし簡単だし楽ちん。ですが

エッセンシャルオイルの基本をしっておくと
そんな特定のブレンドオイルが売り切れてしまっても
シングルオイル(1種類の植物から採れるオイル)を
自分で複数種類ブレンドし
期待する効果に近づけることができます。

シングルオイルがこれから大活躍してくれそうです。