白内障・緑内障のアロマケア

ワンちゃんの白内障についてご質問いただいたので
ちょっと詳しく書いてみようかと思います。

人間で言えば
白内障は加齢に伴って起こる
という認識だと思います。

しかし

ワンちゃんの場合は

犬種によっては
生まれながらに問題がある子がいたり(先天性)
若くして発症する子がいたり(若齢性)
人間と同じく加齢に伴って発症したり(加齢性)

実は、
6歳未満で発症する若齢性の子がとても多いようです。

ただ、
「若い」というのはメリットがあって、
若ければ「手術」という選択肢が取れる場合があります。

残念ながら白内障のお薬というのは
治療薬も予防薬もありません。
お薬は
「進行を遅らせる可能性がある」ものです。

それ以外に病院で出来ることとしたら
「手術」ということになってきます。

しかし当然リスクもあります。

手術自体、全身麻酔のリスクがもちろんあります。

人間では白内障の手術は20~30分の部分麻酔ですね。

そして手術後の合併症の割合も1000件に1件程度の
安全性が高い手術だそうです。

しかし

ワンちゃんの場合だと
合併症が10件に1件起こるというデータがあります。

さらには
眼科の手術が行える動物病院も限られていますね。

高齢になってくると手術のリスクはさらに考慮しないといけない。

そうなると、
手術という手段が取れず
お薬もない・・・・

ということで

私にいただくご質問では

シニアワンちゃんでの
アロマ相談がとても多い気がしています。

残念ながら
アロマでスパッと
白内障を解決するような魔法はないのですが
「できることがある」というのが大きな希望ですよね。

例えば

白内障の大きな原因のひとつに
「酸化」という問題があります。

この「酸化」を防ぐための
「抗酸化」というキーワードは
アロマでもよく聞くワードで

抗酸化力が高いアロマというのが各種あります。

これらを日頃からのケアに取り入れていくというのも
良い方法だと思いますし

もっと積極的に体に取り入れる方法を提案することもあります。

また

白内障自体は
ワンちゃん自身は痛くも痒くもないようなのですが

白内障が進行していくと
ブドウ膜炎や緑内障といった
痛み・不快感を伴う病気になってしまうことが心配です。

これを予防していくために
炎症を抑える効果のあるアロマを使ったケアを提案しています。

具体的には
・フランキンセンス
・ローズ
・ヘリクリサム

などのオイルがよさそうです。

白内障自体、痛みはなくても
目と目のコミュニケーションは
ワンちゃんと飼い主さんにとって、とても大切。

少しでも長く健康な目を維持できるように
病院ではできない日頃のケアをしていきたいですね。

こういったアロマで目のケアは
人間でも同様に効果が期待できます。

眼圧が高く緑内障だと言われていた方が
上記のようなアロマで日々ケアを行っていたところ

その後、眼科を受診した時には
眼圧も問題なく緑内障とは言えない、といわれたとのこと。

自分のためにも備えておきたいですね!

※ペットに使用するエッセンシャルオイル(アロマ)は
必ず高品質なものを選択してください。




ペットアロマをお仕事に!
無料ガイダンスはこちらから≫≫≫

目次
閉じる