「ペットに警戒される」問題。

ペットのトラブルが

病院ではなかなか解決できない場合や

病院には頼りたくない!!と思われる飼い主さんの場合、

ご自身でいろいろと調べて学ばれ、取り組まれていることがあります。

その中で

私のところに来てくださる方も多いのですが

そういう方のペットちゃんの場合

飼い主さんが

ペットのためにと、新たにエッセンシャルオイルを使おうとすると

ペットちゃんが警戒して逃げていく・・・

みたいなことが、けっこう起こります(;’∀’)

飼い主さんとしては

ペットちゃんのために良かれと思ってのことですが

ペットちゃんからすると

「え??なに??

 こんどはなに~!?!?

 なにされるの~!?」

みたいな感じですね。

何かされる~・・・ということが

ちょっと嫌になっちゃってるような子。

特定の症状にケアしたいオイルがあっても

上手く使えなかったり

警戒するあまり効果が上手く出なかったり

残念なことになってしまいます。

こんな時は

飼い主さんの「何とかしてあげたい!」という想いだけが強くなってしまって

ペットちゃんが「本当にしてほしいこと」という大切な気持ちが

置き去りになっちゃってないかなぁ・・・と感じます。

こういうケースでは

飼い主さんからペットちゃんの問題行動についてのご相談もあることが多いんですよね。

分離不安とか

ビビりすぎで困るとか。

こんな場合、、、

「うちの子に、何を使えばいいですか?」

ではなく

まず、
飼い主さん自身にエッセンシャルオイルを使っていってほしいんです。

いやいやいや、そんなんでうちの子が何か変わるの?

って思いますよね?

これが、、、ちゃんと、変わるんです!!

これによって、目的としている症状へのケアも上手にできるようになったりします。

これ、どういうこと??

っていうところ、私が説明するのが難しいんですが(-_-;)

飼い主さんとペットちゃんの関係は

人間のお母さんと子供の関係と本当にそっくり。

どっしり構えているお母さんだと

お子さんも自由にのびのびしていたり

子育てに不安や心配がある状態だと

お子さんもお母さんから離れられなかったり。

もちろんそれだけでなく個性もありますけどね。

でもうちの場合、長男だけ夜泣きがひどかったのは

私のせいだったんだろうと、今となっては思ってます(;’∀’)

ペットも共感力がとても高くて

飼い主さんが不安だと、ペットちゃんも不安。

飼い主さんがうろたえていると、ペットちゃんもうろたえてしまう。

ワンちゃんの場合は

飼い主さんを守らなきゃ!っていう意識が強く働く子もいますね。

まずは飼い主さん自身が、ペットちゃんのケアに自信を持ってもらうこと。

いろいろと学んで試して、、、ということは素晴らしいことですが

手当たり次第に・・・とか

誰かに勧められたから・・・とか

あっちを試してうまくいかないからこっち・・・ではなく

どんなケアでも、病院に頼る場合でも

ご自身での確信を持って

その確信を「大丈夫だよ!」とペットちゃんにもちゃんと伝えてあげましょうね。

と、、、私の説明だと本当に力不足になってしまうところなのですが(;’∀’)

こういうところを

アニマルコミュニケータ―さんであり

ヒトのメンタルセラピストさんでもある舟山萩恵さんと

一緒にお伝えしていくW講師での無料プチセミナーを開催いたします!!

11月15日(日)20時~

ご参加方法などはW講師の公式LINEでお伝えしていきますので

ぜひお友達追加しておいてくださいね。

メンタリストHagie&獣医師Mariのペットアロマ公式LINE
▼▼▼

友だち追加