おうちで看取るということ

こんにちは。

吉永まりです。

一昨日は

ペットアロマホームケアアドバイザー®養成講座の講義を行いました。

今回のテーマは
【シニアケア】

シニア期になってくると出てくるトラブル

ターミナル期をどのように過ごすか

それによって変わってくるペットロス

そんなお話をさせていただきました。


今回ご参加の生徒さんの中には

まさに

エッセンシャルオイルでケアしながらの看取りを経験されたことで

「これ、みんなに知ってほしい!!!」

と強く感じられているかたも。


その経験を、シェアしていただきました。


簡単にご紹介しますね。



その飼い主さん、

過去お別れしたワンちゃんの時は、


病院に連れていきながら家では何もできない

辛そうな姿を見ても撫でてあげることしかできなかった。


別の子では

調子がわるくなって病院に連れていき

預かってもらっている間に亡くなってしまった。


そんな辛いお別れの後を経験していた飼い主さんなのですが

エッセンシャルオイルケアを知った後でお別れした子の場合は全く違うお別れがあったそうです。


亡くなる前にてんかん発作を起こすようになり

一応のお薬も処方してもらっていたけど

エッセンシャルオイルを撫でながら塗布してあげることで

発作が起こってもすぐに治まるようになった。


それから発作が起こっていなくても

朝昼晩と、予防のためにエッセンシャルオイルを塗布。


それを本人(ワンちゃん)もよく理解しているようで

塗布するのを忘れたときには

じーーーっと見つめておねだりしてくるようになったそうです^^


そして最期のときもおうちで。

家族みんなも「ありがとう」の言葉をかけてあげながら

看取ることができた。


と教えていただきました。


その後のペットロスが

ビックリするほど軽かったそうなのです。


この飼い主さんがワンちゃんのことをとても大切にしていて

もしお別れの時が来たら

きっとペットロスで大変だろうと周囲が心配していたほどなのに。

でも驚くほど元気で、周りの方がビックリされたそう。


それは、何と言っても

最期の時に愛犬が苦しんでいるときにしっかりケアしてあげることができたから。


この経験をたくさんの方に伝えたい!!

と熱い思いでアドバイザー養成講座にご参加いただいています。


毎回、この「シニアケア」では

お話する私も、

ご参加の皆さんも、涙涙・・・


エッセンシャルオイルでのペットケアをお伝えしている意味って、

ここなんだよなぁ~~~


今回も深く感じさせていただきました。



アドバイザー養成講座無料ガイダンスはこちら≫≫≫


目次
閉じる