コロナ自粛後、どうですか?

やっと、宮崎も

朝夕涼しくなってきました!

そうなると

寒暖差での不調が出やすくなりますね。


うちの長男(小4)

今朝はちょっと喘息っぽさ

(↑母にだけわかる予兆のような・・・)

を感じたので

ちょっと大丈夫??というと


エッセンシャルオイルのサプリメントと

お腹の調子を整えるサプリメントを

自らチョイスし、

朝食時にしっかり飲んでいました。


もちろんまだまだサポートしますが

自分で自分の管理ができるって素晴らしいですね。

これからどんどん手を離れてしまうでしょうから

そのまえにしっかり伝えておきたいと思います。


さて、

暑いときは暑いとぶーぶー言い、

ちょっと涼しくなってきたら

寒暖差がからだにこたえる・・・とか言い出すわけですが


それって

突き詰めると

いきものというものは

「変化を好まない」

からなのですね。

できればずっと同じでいたい。訳です。

難しい言葉で言うと

「恒常性」です。

この「恒常性」が保たれないとき

つまり

変化の時っていうのは

身体面でも、心にも

大きなストレスがかかります。

そして疲れます。

それはあらゆる病気の元になってしまうことにも繋がります。


なので

からだの中はなるべく変化が起こらないように

頑張って

「いつもどおり」をキープしようとしますが

からだの外で変化が大きくなってくると

それに合わせて

「いつもどおり」に戻す労力がかかってくるんですよね。

慣れた環境から、違う環境に飛び出すことは

とってもストレスを感じます。

進学、就職、転職、、、、

その他大きな人生のイベントでの環境の変化の時期は

ストレス系のトラブルも起こりやすい時期ですよね。


そういえば

悲しい話ですが

小学生の自殺が一番多いのは9月1日だとか。

今年は日にちは当てはまらないかもしれませんが

つまり、

長い夏休みが終わって

また環境が変わってしまうことが大きなストレスになってしまうのですね。


こういうわけで、

生き物はみんな

出来るだけ

慣れた環境にいたい。


暑いなら暑い

寒いなら寒い

それに体が慣れちゃってるから

寒暖差が出てくると

またあれこれ出てきます。汗


今年はゴールデンウィーク前後の

コロナ自粛のステイホームの時期に

ペットちゃんたちが

環境の変化に驚いちゃってるんじゃないかという

ご相談もいろいろお聞きしました。


普段、昼間にはおうちにいないはずの飼い主さんが

ずっといる・・・

嬉しいような、、、、

そうでもないような・・・?

まぁ、これはペットちゃんによりけりとして。

どっちにしろ、

その状態にすっかり慣れてきた頃、

ステイホーム期間が終わり、

またいつもの日常に。

あれ。

飼い主さんが居なくなっちゃった!!!

ここ最近では

またペットちゃんの問題行動(と人間が感じるもの)
が起こっちゃっているという話を聞きました。


先日聞いたお話では、

ステイホームが始まったころ

人間がずっと家にいることにちょっと迷惑そうだったワンちゃん(笑)

1日中、飼い主さんの行動をずっと観察しているうちに

ドアの開け方をすっかり覚えちゃって

鍵の開け方まで覚えちゃって

ステイホーム終了後は

飼い主さんが出かけてくれるさみしさに耐えられず

脱走するようになっちゃった~!

っていう方がいらっしゃいました。


これは、、、困りましたね。

ワンちゃんの賢さにもビックリです。


環境の変化

そして変化した環境に対応したのに

また元に戻ること

人間もそうですが

ペットちゃんにもたくさん負担をかけているはずです。

困った行動にはちゃんと意味がある

まずは理解してあげながら

癒してあげられる環境を作っていきましょう。


ほぼ日刊無料メルマガ配信中!≫≫≫

ペットアロマホームケア動画講座はこちら≫≫≫

ペットアロマホームケアアドバイザー養成講座はこちら≫≫≫